【AGA遺伝子検査の目的やメリットは?】費用はどのくらい?

 

 

薄毛の原因がAGAなのか、それ以外の要因なのかを調べることは薄毛治療に有効な第一歩です。

 

AGAの場合、治療薬は「ミノキシジル」と「プロペシア」になりますが、両方とも健康保険の適用外なので、総額で月1万円以上の出費になってしまいます。
自分の薄毛がAGAだと思い込んで高価な薬を使用していたとしても、実際は別の要因で薄毛になっていたのなら、すべてが無駄になってしまいますから原因の特定は重要ですね。

 

AGAか、そうでないかを調べる有効な方法は「遺伝子検査」です。

 

遺伝子検査の方法は?

 

以前は病院か専門機関へ出向いて行って検査をしてもらうしか方法がありませんでしたが、現在では検査キットが市販されているので、自宅でサンプルを採取して郵送することで検査ができるようになりました。

 

検査キットが販売されたおかげで、近所に専門機関や病院が無くても自宅で簡単に検査できますし、何より待合室で他人の目を気にする必要がなくなったので安心して検査が受けられますね。

 

費用はいくらかかる?その方法は?

 

病院で検査してもらうと、おおよそ¥20,000以上かかります。

 

一方で「AGAドック」の検査キットは\12,600なので、ほぼ半額です。

 

検査方法は、病院の場合は毛髪を採取して検査します(爪や血液でも可という説あり)が、検査キットは口内の粘膜を採取して郵送することになります。

不安と悩みの原因が分かる検査です